top of page

発表会

こんにちは!雪が毎日降って、本格的な冬に入りましたね~。家もどこもかしこも寒い!



いよいよ今週末は、教室の発表会!!


9月から準備してきた成果を見せてくれるのを楽しみにしてます。最後の1週間はどの生徒にとっても

ハラハラドキドキと緊張感が高まってきますよね。緊張感と闘いながらの最後の追い込み練習期間。


「怖い・・・」ともらす生徒さんもいて、頑張れ~としか言えませんが、努力してきたものがあれば

きっと大丈夫!


初めての発表会参加の子はより不安そうですが、意外と当日ふたを開けてみると、心配は杞憂に終わることも多いです。堂々と弾いて、「緊張してた?」っていう事もしばしばあります。


子供の方が心臓が強い気がする。。。大人になればなるほど、緊張します~。



今年の発表会の内容をちょっとご紹介♪


第0部:大人の部(生徒の保護者に声をかけて、昔習っていた人を中心に自由参加)


第1部:子供の部 クラシック編


第2部:子供の部 好きな曲を弾こう!編



去年は、第2部がチェンバロを使ったバロック音楽だったのですが、今年は各自、「好きな曲を弾く」第2部にしました。


ピアノを習っていても基本は教本に沿ってレッスンするし、発表会の曲も先生おススメのクラシックな曲がほとんどですよね。でも、ある程度弾けてくると、TVで流れてるCMの曲や好きなアニメの曲など、自由に弾きたい曲もたくさん出てきます。でもそれを人前で発表する機会ってほとんど無いな、と思ってました。


なので、今年は「Play your favorite music!!」ジャンルにとらわれずに、心から楽しんで好きな曲を弾いてもらいます!


そして、大人の部!!


せっかくホールを借りたのだから、ぜひ他の方にも弾いてもらいたいな~と思って、保護者の方に声をかけまくり、集まってくれた数名の保護者達。みなさん、子供のころに習っていた経験はあれど、数十年ぶりに弾くという方がほとんど。子供以上に四苦八苦しながら取り組んでいて、


「こんなんで大丈夫ですか?」とほぼ全員に聞かれましたが、大丈夫です!大人の部は、基本的には家族しか聴衆がいないので気楽に(無理か。。)、スタンウェイの素敵なピアノを味わってほしいです。


私たちの世代って、子供のころにピアノを習っていた人がとても多いのに、いつの間にか辞めてしまって大人になってからは触ってもいない、という方が多いです。もちろんそれはそれでいいんだけど、家にピアノがあるなら子供と一緒にまた弾き始めるのも、いい機会だなと思います。


レッスンに通わなくても(通うのがベストだけど)、好きな曲を1年かけて練習していくようなスタイルも大人ではありですよね。来年の発表会でも、希望者がいれば「大人の部」を設けようと考えてます。

もっと出演者増えてくれないかな~(^^♪


いろんな発表会のプランを自由に企画できるのは、個人教室の良いところですね。


何はともあれ、今週末の発表会を無事に終えて、今年の締めくくりにしたいと思います。



Miki Piano Studio

ミキピアノ教室




閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

次の発表会場探し

こんにちは! 今年のGWはお天気も良く、外で過ごすのが気持ち良い1週間でしたね。 我が家も久しぶりの九州へ行き、しっかり休んで遊んでリフレッシュしてきました! 仙台とは違う魚の美味しさ!仙台も海に面しているから海鮮は美味しいですけど、 九州もまた、美味しい魚どころでした。獲れる魚の種類も違うから、地の物って最高ですね。 そんな楽しい食べまくりのGWを過ごして、今週からはレッスン開始です。 そして目

大人の生徒さんのレッスン

こんにちは! 花粉症がひどすぎて、目が真っ赤な毎日です。。。 薬も飲んでるし、目薬も差してるのに、ボロボロすぎて化粧ではもはや隠せません(笑) 今日は大人の生徒さんのお話。 教室には大人の生徒さんもいます。子供に比べたら圧倒的に数は少ないけれど、アメリカ時代にも 大人の生徒さんがいました。 子ども時代にピアノを習っていて、大人になってから再開したパターンでしたが、 共通しているのは、弾きたい曲がす

4月からの新規生徒募集&空き枠のお知らせ

こんにちは!Miki Piano Studioです。 春めいてきたこの頃、ようやく寒い冬から解放されるのは嬉しいですが、 花粉症が・・・すでにひどいです。毎年、去年より多いって報道されてますよね、常に過去最高を更新だなんて、なんとも嬉しくないニュースですね。辛すぎる! ミキピアノ教室では、4月からの新年度の新規生徒さん募集中です!(若干名ですが) 春から学年や学校が変わるこの時期、ピアノを習ってみ

Comments


bottom of page