目をつむって練習してみよう

こんにちは、Miki Piano Studioです。


今日は、「目を瞑って弾く練習方法」のお話です。


今までたくさんの生徒さんを教えてきましたが、いつも手や指を見ながら弾く癖のある生徒さん、

結構多いです。


特にピアノを始めて間もないばかりだと、楽譜を見るよりも弾いている場所が合っているかどうか、

ずっと指チェックに余念がない子もチラホラ・・・


楽譜を見ながら、楽譜に書いてあることを読みとって、忠実に弾いていく癖をつける事の方が、

間違わずに弾くことよりも大事だと、私は思います。


メロディを覚えてしまえば楽譜を見なくても弾けるので、一見、弾けているように見えますが、

楽譜には音符だけではないたくさんのことが書かれているので、楽譜を見ながら弾く癖をつけましょう!


いつも指を見ながら弾いてると、頭と視線が下に向いてしまい姿勢も悪くなってしまうので、

視線はまっすぐ正面を向いて弾けるようにしましょうね。



そこでわたしがよくレッスンで生徒にさせる方法が、


目を閉じて弾かせる


です。


最初は生徒も不安そうに、「え~、間違えそうで嫌~」とか、「場所が分からないのに弾けない」とか、

いろいろ言いますが、最初の音の位置に手を置けば、弾けちゃいます。

もちろん間違えたりもするけど、数回やらせると、しっかり正面を見て弾き切ります。


指番号の通りに弾けば、指や手が弾く場所を覚えていてくれる事に、みんな気付きます。

そして、手元を見なくても間違わずに弾けるんだ、ということに気付くので手元を見る回数が減っていきます。


本番や人前で弾くときには音楽家は基本暗譜なので、暗譜の練習にもなるし、目を瞑ることによって

他の感覚(聴力とか触覚)がより研ぎ澄まされるので、感覚を磨く練習にもなるかな、と思っています。


そしてこの練習をやらせると、生徒が楽しそうなんですよね~

普段と違う経験でドキドキするのかな?ノリノリでみんなやってくれます♪


初心者だけではなく、ショパンのワルツやノクターンの左手(移動が多くて長い伴奏パート・バスを外しやすい)の練習にも最適です。弾く位置や音の位置を、目ではなく、体感で覚えると間違えにくくなりますよ。


是非、試してみてくださいね♪



Miki Piano Studio

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

作曲されているからこんにちわ!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。 今朝、車のフロントガラスが凍ってました。。。本格的な冬がやってきました。 最低気温が3℃じゃあ、凍るのも仕方ないですけどね、なんせ、寒い!! 来月に迫った発表会ですが、今年も2部制にしてそれぞれジャンルの違う曲を弾いてもらうことに。 (去年はチェンバロがあったので、”クラシック&バロック”でした。あ~、またバロ

こんにちは!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。 お久しぶりの更新になってしまいました。10月はやたらと子どもの学校関係のイベントや地域のイベントで 毎週末埋まってしまっている状況。やっと一息つける日々が戻ってきました。 それと同時に12月にある発表会に向けて、選曲作業。今年もそれぞれ2曲弾いてもらうので、各自に提案できる曲を数曲ずつ探して探して、、、さらに探して探して、、、と

こんにちは! ここ数日、寒いですね。朝とかは本当に秋を通り越して、冬に片足突っ込んだみたいな寒さです。 思わず灯油を買いに走ろうかと思ったけど、また温かくなるみたいなのでぐっと我慢。 小さいファンヒーターで暖を取ろうと、必死の取り合いが続きそうです。。 先日、ブルグミュラーコンクールが無事に終わりました!初参加だったので、その感想をちょこっと。。 参加した生徒さんはみんな初参加だったので、仙台地区