英語でのレッスン

更新日:2021年1月18日


今日は、当ピアノ教室の特徴でもある英語でのレッスンについてのお話です。


Miki Piano Studioでは、英語でのピアノレッスンをしています。

(もちろん日本語でのレッスンもOKです。)

アメリカで現地の子たちに英語でピアノを教えていたこともあり、帰国後も同じスタイルでレッスンをしています。


今年から小学校での英語教育必修化が始まりましたし、最近では幼稚園やできるだけ小さいうちから英語に触れさせておこうという考えも多くなってきていると感じます。

英語には主に、次の4技能があります。


Speaking(話すこと)

Listening(聞くこと)

Reading(読むこと)

Writing(書くこと)


学校でこれから主に学んでいくのは、読み書きにあたる【Writing】や【Reading】ですが、話すこと【Speaking】や聞くこと【Listening】は自発的に触れていかないとなかなか学ぶのが難しいポイントです。


特に話すこと【Speaking】、1対1で話すチャンスはプライベートレッスンを取っていない限りあまりないですよね。お喋りだけは、話さないと上達しませんし、どんなに学校で勉強してもいざとなると話せない、というのは海外にいる時に自分を含めてたくさん見てきました。なので当教室に通う生徒さんにはぜひ、ピアノと共に英語での会話のチャンスも!と考えています。


英語でいろんな事を問いかけたり、曲の感想を話してもらったり・・・レッスンを通して英語でのやり取りをたくさんします。最初から上手に答えられなくても大丈夫!なんとなく意味がわかればそのうちに分かるようになります。


英語もピアノも同じことを繰り返していくことが上達への近道です。

そしてシャイにならないことが一番の近道だと思います。


間違えなんて気にせず、どんどん弾く&話す! 



レッスンを英語で受けるのはどんな感じだろうと思う方も多いかもしれません。

基本的には、レッスン前のお喋りや簡単な説明は英語でやり取りをしますが、音符やリズムの説明・より専門的な音楽表現などは日本語で説明します。

(もちろん、すべて英語でも可能です。)


ぜひ一度、体験レッスンにいらしてくださいね♪



閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

作曲されているからこんにちわ!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。 今朝、車のフロントガラスが凍ってました。。。本格的な冬がやってきました。 最低気温が3℃じゃあ、凍るのも仕方ないですけどね、なんせ、寒い!! 来月に迫った発表会ですが、今年も2部制にしてそれぞれジャンルの違う曲を弾いてもらうことに。 (去年はチェンバロがあったので、”クラシック&バロック”でした。あ~、またバロ

こんにちは!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。 お久しぶりの更新になってしまいました。10月はやたらと子どもの学校関係のイベントや地域のイベントで 毎週末埋まってしまっている状況。やっと一息つける日々が戻ってきました。 それと同時に12月にある発表会に向けて、選曲作業。今年もそれぞれ2曲弾いてもらうので、各自に提案できる曲を数曲ずつ探して探して、、、さらに探して探して、、、と

こんにちは! ここ数日、寒いですね。朝とかは本当に秋を通り越して、冬に片足突っ込んだみたいな寒さです。 思わず灯油を買いに走ろうかと思ったけど、また温かくなるみたいなのでぐっと我慢。 小さいファンヒーターで暖を取ろうと、必死の取り合いが続きそうです。。 先日、ブルグミュラーコンクールが無事に終わりました!初参加だったので、その感想をちょこっと。。 参加した生徒さんはみんな初参加だったので、仙台地区