top of page

生徒の成長

こんにちは!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。


梅雨真っただ中な仙台です。晴れ間が恋しいですね。

久しぶりに出したSTAUBの鍋が、カビてました・・・



初心者の頃から教えていた生徒が数年のレッスンを経て、

ソナタに取り組むようになりました。「ベートーベンのソナタ20番 ト長調」です。


この曲はもともと、19番と一緒に「ふたつのやさしいソナタ」として出版されており、

2楽章制のシンプルな作りから、よく「ソナチネ」とも言われます。


初めて取り組むソナタとしては、テクニックもシンプルで曲調も明るく、弾きやすい曲だと思います。


でも、ドレミから教え始めた生徒が数年の間に着実にレベルアップし続け、ソナタを弾けるようになるまで来ると、教える側としては感慨深いです。

年齢やレベルが上がるにつれ、教える内容もテクニックだけではなく、より深く専門的なものにとシフトしていきます。ちょっと講義っぽくなってしまうことも。例えば、曲が作られた時代背景や音楽形式・作曲者の特徴など伝えたいことはたくさんたくさん。



もう一人の初心者から始めた生徒も、新しく取り組む曲は「ドビュッシー 月の光」


ドビュッシーはフランスの有名な作曲家で、「印象派」と呼ばれる作曲家。

彼の音楽は、和声や旋律が自由でそれまで弾いてきたクラシック(ベートーベンやショパンなど)とは、

趣がまったく違います。綺麗で夢想的で魅惑的だけど、その音世界に慣れるまではなかなか大変です。


「月の光」は「ベルガマスク組曲」の中の第3曲。とても有名な曲なので、CMなどで聞いたことがある方も

多いんじゃないでしょうか。

ただ、譜読みは大変です。調合はフラット5つのD♭ Major(変ニ長調)、拍子は8分の9拍子。

臨時記号も多いし、譜読みに時間がかかりそうです。


彼もドレミから初めて、大好きなゲーム音楽を弾きまくり、でも着実にレベルアップを重ねてここまで来たんだな~と、これまた感慨深いものがあります。



曲も難しくなってくると、仕上がりまでの時間もかかるようになりますが、時間をかけることによって

指や耳がよりその音楽に慣れていくので、それはそれで良いのです。

でも譜読みを終えたところからが、本当のスタート地点!どうやって仕上げていくのか、期待して待ちます♪

そして私は、それらの曲の勉強をしておかねば。。。弾けないと教えられないので、練習はマストです。


それではまた!



Miki Piano Studio ミキピアノ教室

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いつの間にか・・・

こんにちは!そしてお久しぶりです。 年末に向けて猛烈に忙しく、気付いたら年越してましたね、このブログ💦 1ヵ月くらい書いてないと思っていたら、まさかの前回記事が11月! サボり過ぎましたね。。。 12月は発表会もあって、ブログネタはたくさんあったのに、全部オールスルーしてましたね。 年末のビッグイベントといえば、発表会がありました。 年々生徒さんが増えているおかげで、バラエティに富んだ曲がたくさ

レッスン空き枠お知らせ

こんにちは! 久しぶりに定禅寺通りを歩いたら、上は黄色の葉っぱに彩られて綺麗でしたが、 足元からは、つぶれた銀杏の強烈なにおいが・・・ それでも、秋らしさを感じられて良いリフレッシュになりました🍂 ありがたいことに最近、立て続けに新しい生徒さんが入会されて 忙しいながらも新しい出会いに感謝です。 現在の空き枠のお知らせです。残席は1枠のみとなりました。 金曜:18:30(30分レッスン) 興味の

発表会の曲探し

こんにちは!ようやく秋めいてきましたね~ 我が家は温泉大好きなので、寒くなってくると乳白色の温泉が恋しくてたまらなくなります。 幸い、東北はそんな温泉がいくつかあるので、日帰りで気軽に行けちゃうのが嬉しい♪ さて、秋がやってくると近づいてくるのが毎年恒例の発表会!! 今年も12月に開催予定です。1年の締めくくりとして、クリスマスの時期に開催です。 発表会まで3か月を切ったところからスタートする、発

bottom of page