top of page

譜読みについて

更新日:2021年1月18日

こんにちは。


今日は誰もが避けては通れない、「譜読み」についてです。


譜読み(楽譜を読むこと)はピアノを習い始めた時に、みんなが苦労するものです。

(中にはスラスラとあまり苦労なく、読めるようになる子もいますが。)


音楽を初めて習う場合、楽譜にはたくさんの音符や強弱記号があるので、まるで何が書いてあるのか分かりませんよね。楽譜にはとても多くの情報が書かれています。

演奏家はそれを元に、解釈して、色付けをして自分だけの音楽に仕上げていきます。


楽譜をいかに早く正確に読んでいけるのかが、「読譜力」です。


ピアノを習い始まるとたいてい、右の♪ドレミファソ♪から始まって、

左の♪ドシラソファ♪を習い、それぞれ真ん中の♪ド♪から1オクターブずつを習うのではないでしょうか。


右手の♪ドレミファソ♪はすんなりいっても、左手はちょっと苦手という子もけっこう います。右手がメロディを弾くことが多いので覚えやすいのかもしれません。

利き手も関係しているのかも?

譜読みは、新しい曲に取り組むとき、必ず最初にすることです。

自分で読めるようにならないと、自分で練習できるようになりません。

最初のうちは親がヘルプして音を教えてあげるのもいいと思います。でもいつかは

自分で読めて、練習して、弾けるようにならないと、親も子も大変です。


自分で楽譜を読めるようになる!


これがピアノを習ううえで、最初に身につけてほしい最大のスキルです。


子供の時に譜読みが苦手で、大人になってまたピアノを習い始めたけど譜読みが苦手で面倒だ、と思う方はけっこういるのではないでしょうか。


譜読みが得意になると、新しい曲を弾きたいという意欲につながり、どんどんいろんな曲が弾けるようになります。また曲の仕上がりも早くなります。


では、どうやって譜読みを鍛えていけばいいのでしょうか?


次の回では「譜読みの上達方法」についてお話します。

ぜひ、参考に読んでみてくださいね。


Miki Piano Studio

#譜読み #上達方法 #ピアノ #Miki Piano Studio


閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

流行りの曲

こんにちは! 最近、幼稚園生から小学生までみんな、あの曲のフレーズを弾いてます。 いろんな音(調)で弾いてくれるんだけど、リズムが特徴的だから一発で分かる(笑) うちの子供もすごいハマってたし、リズムと歌詞がなんとなくずっと耳について離れません。 それは、BBBB!! Bling-Bang-Bang-Born by Creepy Nuts アニメ『マッシュル』のオープニングテーマです。 生徒たちが

次の発表会場探し

こんにちは! 今年のGWはお天気も良く、外で過ごすのが気持ち良い1週間でしたね。 我が家も久しぶりの九州へ行き、しっかり休んで遊んでリフレッシュしてきました! 仙台とは違う魚の美味しさ!仙台も海に面しているから海鮮は美味しいですけど、 九州もまた、美味しい魚どころでした。獲れる魚の種類も違うから、地の物って最高ですね。 そんな楽しい食べまくりのGWを過ごして、今週からはレッスン開始です。 そして目

大人の生徒さんのレッスン

こんにちは! 花粉症がひどすぎて、目が真っ赤な毎日です。。。 薬も飲んでるし、目薬も差してるのに、ボロボロすぎて化粧ではもはや隠せません(笑) 今日は大人の生徒さんのお話。 教室には大人の生徒さんもいます。子供に比べたら圧倒的に数は少ないけれど、アメリカ時代にも 大人の生徒さんがいました。 子ども時代にピアノを習っていて、大人になってから再開したパターンでしたが、 共通しているのは、弾きたい曲がす

Comments


bottom of page