top of page

譜読みについて

更新日:2021年1月18日

こんにちは。


今日は誰もが避けては通れない、「譜読み」についてです。


譜読み(楽譜を読むこと)はピアノを習い始めた時に、みんなが苦労するものです。

(中にはスラスラとあまり苦労なく、読めるようになる子もいますが。)


音楽を初めて習う場合、楽譜にはたくさんの音符や強弱記号があるので、まるで何が書いてあるのか分かりませんよね。楽譜にはとても多くの情報が書かれています。

演奏家はそれを元に、解釈して、色付けをして自分だけの音楽に仕上げていきます。


楽譜をいかに早く正確に読んでいけるのかが、「読譜力」です。


ピアノを習い始まるとたいてい、右の♪ドレミファソ♪から始まって、

左の♪ドシラソファ♪を習い、それぞれ真ん中の♪ド♪から1オクターブずつを習うのではないでしょうか。


右手の♪ドレミファソ♪はすんなりいっても、左手はちょっと苦手という子もけっこう います。右手がメロディを弾くことが多いので覚えやすいのかもしれません。

利き手も関係しているのかも?

譜読みは、新しい曲に取り組むとき、必ず最初にすることです。

自分で読めるようにならないと、自分で練習できるようになりません。

最初のうちは親がヘルプして音を教えてあげるのもいいと思います。でもいつかは

自分で読めて、練習して、弾けるようにならないと、親も子も大変です。


自分で楽譜を読めるようになる!


これがピアノを習ううえで、最初に身につけてほしい最大のスキルです。


子供の時に譜読みが苦手で、大人になってまたピアノを習い始めたけど譜読みが苦手で面倒だ、と思う方はけっこういるのではないでしょうか。


譜読みが得意になると、新しい曲を弾きたいという意欲につながり、どんどんいろんな曲が弾けるようになります。また曲の仕上がりも早くなります。


では、どうやって譜読みを鍛えていけばいいのでしょうか?


次の回では「譜読みの上達方法」についてお話します。

ぜひ、参考に読んでみてくださいね。


Miki Piano Studio

#譜読み #上達方法 #ピアノ #Miki Piano Studio


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いつの間にか・・・

こんにちは!そしてお久しぶりです。 年末に向けて猛烈に忙しく、気付いたら年越してましたね、このブログ💦 1ヵ月くらい書いてないと思っていたら、まさかの前回記事が11月! サボり過ぎましたね。。。 12月は発表会もあって、ブログネタはたくさんあったのに、全部オールスルーしてましたね。 年末のビッグイベントといえば、発表会がありました。 年々生徒さんが増えているおかげで、バラエティに富んだ曲がたくさ

レッスン空き枠お知らせ

こんにちは! 久しぶりに定禅寺通りを歩いたら、上は黄色の葉っぱに彩られて綺麗でしたが、 足元からは、つぶれた銀杏の強烈なにおいが・・・ それでも、秋らしさを感じられて良いリフレッシュになりました🍂 ありがたいことに最近、立て続けに新しい生徒さんが入会されて 忙しいながらも新しい出会いに感謝です。 現在の空き枠のお知らせです。残席は1枠のみとなりました。 金曜:18:30(30分レッスン) 興味の

発表会の曲探し

こんにちは!ようやく秋めいてきましたね~ 我が家は温泉大好きなので、寒くなってくると乳白色の温泉が恋しくてたまらなくなります。 幸い、東北はそんな温泉がいくつかあるので、日帰りで気軽に行けちゃうのが嬉しい♪ さて、秋がやってくると近づいてくるのが毎年恒例の発表会!! 今年も12月に開催予定です。1年の締めくくりとして、クリスマスの時期に開催です。 発表会まで3か月を切ったところからスタートする、発

bottom of page