top of page

英語でのレッスンについて

更新日:7月12日

みなさん、こんにちは!


仙台は梅雨入りしたものの、お天気がいい日が続いてます。

昼間は暑くても、夜は寒いくらいだったりして、夜に散歩とかにはもってこいですね。



うちの教室では、英語でレッスンを受けられる、という事を一つのポイントとしていますが、

こないだあったお問い合わせが、的を得ていたので紹介したいと思います。


ピアノも英語も習うのが初めての幼稚園生で、親御さんとしては、ピアノを習わせるか・英語を習わせるか

悩んでいるとの事でした。そんな時に、うちのピアノ教室を発見してくれて問い合わせをいただきました。



教室に通ったら、英語が話せるようになるのか?



確かに、ピアノも英語もうまくなれば一石二鳥ですよね!

でも、残念ながらそれは出来ません、とお伝えしました。。。


なぜならうちの教室では、英語を使ってのレッスンもしていますが、あくまでもピアノがメインなのです。


私は、音大を出てずっとピアノで生きてきたので、ピアノを教えることが仕事です。

今まで培ってきたものを、次の世代に伝えていくのが仕事なので、ピアノしか教えられません。


英語はただのツールであって、言語として英語を使っているだけなので、教えているのは英語ではなくピアノです。他所の英語教室のように、英単語やフォニックス・英文法などは教えていません。


英語に触れるのが初めての子が、数年間レッスンに通えば、リスニングは鍛えられると思います。

スピーキングはその子の性格にもよると思います。積極的にお話する子であれば、上手くなっていくと思います。(自分の子が、シャイでシャイで、アメリカに5年間もいたのにスピーキングが苦手だったのは、まさに性格によるんだと痛感したので、これは自信を持って言える!)


言語習得って、インプットだけでなくてアウトプットも同じくらい必要なので、


話す=アウトプット   


が、たくさん出来れば話せるようになります。


ただ、教室ではピアノがメインなのでその時間をあまり取れません。

もし、英語を習得させたいのであれば、ぜひ英語専門の教室に行かれることをお勧めします。



ちなみに、どんな子がオールイングリッシュでレッスンをしているかというと、


・帰国子女

・インターやイマージョン教育の学校に通っている

・家での言語が英語

・英語が得意で大好き


こんな感じでしょうか。家庭や教育環境にもよりますが、オールイングリッシュはある程度、英語の下地がないと厳しいかもしれません。


あとは、本人が英語で話すのに抵抗がない!これが1番大きいかもしれないですね。



意外とあるのが、親御さんは英語でのレッスンを希望しているけど、子ども自身は日本語がいいと思っているケース。この場合、英語でレッスンしてもしっかり理解できるし、会話もできるけど、自然と日本語でのレッスンに移行していくことも多いです。


英語でのレッスンをご希望の場合、よくお子さんと話し合ってみてくださいね。



それではみなさん、よい週末を!!



Miki Piano Studio

ミキピアノ教室

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

流行りの曲

こんにちは! 最近、幼稚園生から小学生までみんな、あの曲のフレーズを弾いてます。 いろんな音(調)で弾いてくれるんだけど、リズムが特徴的だから一発で分かる(笑) うちの子供もすごいハマってたし、リズムと歌詞がなんとなくずっと耳について離れません。 それは、BBBB!! Bling-Bang-Bang-Born by Creepy Nuts アニメ『マッシュル』のオープニングテーマです。 生徒たちが

次の発表会場探し

こんにちは! 今年のGWはお天気も良く、外で過ごすのが気持ち良い1週間でしたね。 我が家も久しぶりの九州へ行き、しっかり休んで遊んでリフレッシュしてきました! 仙台とは違う魚の美味しさ!仙台も海に面しているから海鮮は美味しいですけど、 九州もまた、美味しい魚どころでした。獲れる魚の種類も違うから、地の物って最高ですね。 そんな楽しい食べまくりのGWを過ごして、今週からはレッスン開始です。 そして目

大人の生徒さんのレッスン

こんにちは! 花粉症がひどすぎて、目が真っ赤な毎日です。。。 薬も飲んでるし、目薬も差してるのに、ボロボロすぎて化粧ではもはや隠せません(笑) 今日は大人の生徒さんのお話。 教室には大人の生徒さんもいます。子供に比べたら圧倒的に数は少ないけれど、アメリカ時代にも 大人の生徒さんがいました。 子ども時代にピアノを習っていて、大人になってから再開したパターンでしたが、 共通しているのは、弾きたい曲がす

Comments


bottom of page