top of page

発表会直前の練習方法



いよいよ発表会まであと間近になりました。子供たちはドキドキのご様子(^^♪

私も最終準備と演奏の練習でバタバタしております。


さて、発表会直前ってどんな練習をすればいいのでしょう?今回はそんなお話です。


発表会あるあるなのが、本番2週間前くらいに仕上がりこれで安心と思いきや、そこから下降していってしまうパターン。

ピークを持ってくるのが早すぎた!?と言うか、本当はどこからさらにブラッシュアップするのがベストなんですが、とても上手く弾けるようになるとなぜか練習に力が入らず、いろいろ間違えたりしてしまう事に。


本当にこのパターン、とても多いです。仕上がらないまま、本番を迎えるよりはいいけれど。

あと少しなのに、大丈夫かしら!?と親子ともども不安になってしまいますよね。


でも、大丈夫!これはみんな一度は通る道です。ここからどうやって抜け出すのか、そのポイントとなる練習方法などを紹介したいと思います。


①基本に戻る!

まずは、基本に戻ってテンポ通りに弾く練習をしましょう。本番用のテンポは最初と比べて、早くなっていると思います。練習の時は少しテンポを落として、間違えないように丁寧に弾いてみましょう。


②メトロノームを使おう!

テンポ通りに弾くのに大切なのが、メトロノーム。いつものテンポより10くらいゆっくりにした速さで

メトロノームに合わせて弾いてみましょう。きっちり弾けるようになれば少しずつテンポを上げて、

本番と同じ速さでメトロノームに合わせて弾きましょう。


③練習の最初と最後は、必ず通して弾く!

練習の最初に通して弾くのは、本番と同じ環境に慣れるため。

練習の最後に通して弾くのは、仕上げの確認のため。


本番では、一発勝負です。リハーサルがあったとしても、自分の番が呼ばれたらいきなり本番ですよね。

指が温まっていなくても、準備運動が出来ていなくても、弾かなくてはなりません。


最初の通しの演奏が、おそらく本番での出来だと思ってください。練習の最後に通して弾く方が断然上手く弾けるはずです。でも、大事なのは自分の出来を知る事。それには1日の練習の最初の出来具合によく耳を傾けてくださいね。


④間違えやすい所の把握!

通して弾いてみると、間違えやすい場所や、普段は間違えないのに間違ってしまった部分などを発見できます。次に、その部分をゆっくりリズム練習などをしながら、重点的に練習しましょう。


部分練習→前後の小節をつなげて、流れの中で弾く練習→OK


このようにすると、フレーズや前後の流れの中でしっかり弾けるようになります。


⑤本番1週間前は、地道な練習&通しの練習!

崩れてきたものを戻すには、地道な基礎練習が一番です。ここをしっかりやれば、本番で自由にベストな状態での演奏が出来ますよ!焦らずじっくりと取り組んでみてくださいね。


ここまでくれば、あとは本番で気持ちよく、自由にやりたいように弾くだけです!!

Enjoy your music!! 



Miki Piano Studio ミキピアノ教室


♯仙台市泉区 ♯ピアノ教室 ♯英語 ♯発表会 ♯練習方法




閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

次の発表会場探し

こんにちは! 今年のGWはお天気も良く、外で過ごすのが気持ち良い1週間でしたね。 我が家も久しぶりの九州へ行き、しっかり休んで遊んでリフレッシュしてきました! 仙台とは違う魚の美味しさ!仙台も海に面しているから海鮮は美味しいですけど、 九州もまた、美味しい魚どころでした。獲れる魚の種類も違うから、地の物って最高ですね。 そんな楽しい食べまくりのGWを過ごして、今週からはレッスン開始です。 そして目

大人の生徒さんのレッスン

こんにちは! 花粉症がひどすぎて、目が真っ赤な毎日です。。。 薬も飲んでるし、目薬も差してるのに、ボロボロすぎて化粧ではもはや隠せません(笑) 今日は大人の生徒さんのお話。 教室には大人の生徒さんもいます。子供に比べたら圧倒的に数は少ないけれど、アメリカ時代にも 大人の生徒さんがいました。 子ども時代にピアノを習っていて、大人になってから再開したパターンでしたが、 共通しているのは、弾きたい曲がす

4月からの新規生徒募集&空き枠のお知らせ

こんにちは!Miki Piano Studioです。 春めいてきたこの頃、ようやく寒い冬から解放されるのは嬉しいですが、 花粉症が・・・すでにひどいです。毎年、去年より多いって報道されてますよね、常に過去最高を更新だなんて、なんとも嬉しくないニュースですね。辛すぎる! ミキピアノ教室では、4月からの新年度の新規生徒さん募集中です!(若干名ですが) 春から学年や学校が変わるこの時期、ピアノを習ってみ

Comments


bottom of page