ポップスの難しさ

作曲されているからこんにちわ!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。

今朝、車のフロントガラスが凍ってました。。。本格的な冬がやってきました。

最低気温が3℃じゃあ、凍るのも仕方ないですけどね、なんせ、寒い!!


来月に迫った発表会ですが、今年も2部制にしてそれぞれジャンルの違う曲を弾いてもらうことに。

(去年はチェンバロがあったので、”クラシック&バロック”でした。あ~、またバロックの回withチェンバロでやりたい♪)


第2部のテーマは、"Favorite Songs(好きな曲を)"


好きに曲を選んでもらったんですが、ディズニーやジブリの人気高め。いい曲が多いから大賛成!

クリスマスシーズンだから、竹内まりやのクリスマスソングもあってケンタッキーチキンを思い出します(笑)


と、ここまではルンルンでしたが、大変なのはこの先。。。


ポップスって、耳で聞いている分には素敵だし簡単そうに聞こえるんですが、楽譜を見ると全然違う!

クラシックと違って、リズムが複雑なんです。付点音符がたくさんあるし、それプラス、タイとかで音をつなげているところが、本当に多い。


付点+タイ、シンコペーション、左と右のズレ、コード進行が頻繁に変わる、、、、、などなど、リズム感が

普段のクラシックと違いすぎて、慣れてない分大変です。

耳なじみのあるメロディーも楽譜で見ると、こんなリズムだったのか~!と思うこともしばしばあります。


ピアノを習い始めて数年だと、そこまで複雑なリズムは経験しません。クラシックや子供たちが使う教則本のリズムやコード進行(ハーモニー)はやっぱり、よく系統立てて作られていて弾きやすいです。

覚えやすいし、次の音やハーモニー(主に、左手担当)が予測がつきやすいので、弾くこと自体はそこまで大変ではないです。


一方、ポップスはメロディ先行なので、指使いやリズムなどはあまり弾きやすくは作られていません。

慣れていない分、難しいし譜読みの早い子でも苦労しているようです。


テクニック的には、クラシックの曲の方が難しい課題をあげてるつもりですが、みんな苦労してるのはポップスの方っていう・・・


一つコツがあるとすれば、ポップスは耳コピを使って練習するべし!


楽譜をみて曲想を掴むより、耳でメロディラインだけ覚えて音を楽譜で確かめる方が早いです。

あとは、左手の伴奏(コード)を楽譜を見て覚えれば、なんとなく完成。

伴奏パートは楽譜通りの音じゃなくても、全然OKです。大体の音(和音)が合ってれば、スキップしても音を省いてもOK。ポップスはコード進行が大事なので、実際書かれている伴奏パートは違っても問題なし。

とても自由なので、そこら辺のアレンジが出来ると強いです。言ってしまえば、伴奏は音一つでも大丈夫。

(シンプルにはなってしまうけど)


とか言いながら、私もクラシック一筋できたのでポップスは逆に難しいです。

それなのに今年は、好きな曲でOK!っと生徒に選ばせてしまった・・・


とはいえ、何事も経験。今回の経験が次なる成長の糧になると信じて、生徒と共に頑張ります。


生徒たちには1曲でもたくさんの曲に触れてほしい&発表会という生の音楽を味わえる貴重な経験の場なので、2部制にして各自2曲(舞台袖から登場→演奏→舞台袖へ退場を2回)という、2度ステージを経験できるプログラムにしてます。


生徒側からしたら仕上げなきゃいけない曲が2曲、つまり練習量が2倍に増えるので、大変~!という声が聞こえてきそうですが、ぜひぜひ頑張ってステージで素晴らしい演奏を披露してもらいたいと思います。



Miki Piano Studio

ミキピアノ教室













閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。 お久しぶりの更新になってしまいました。10月はやたらと子どもの学校関係のイベントや地域のイベントで 毎週末埋まってしまっている状況。やっと一息つける日々が戻ってきました。 それと同時に12月にある発表会に向けて、選曲作業。今年もそれぞれ2曲弾いてもらうので、各自に提案できる曲を数曲ずつ探して探して、、、さらに探して探して、、、と

こんにちは! ここ数日、寒いですね。朝とかは本当に秋を通り越して、冬に片足突っ込んだみたいな寒さです。 思わず灯油を買いに走ろうかと思ったけど、また温かくなるみたいなのでぐっと我慢。 小さいファンヒーターで暖を取ろうと、必死の取り合いが続きそうです。。 先日、ブルグミュラーコンクールが無事に終わりました!初参加だったので、その感想をちょこっと。。 参加した生徒さんはみんな初参加だったので、仙台地区

こんにちは!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。 ブルグミュラーコンクール地区大会(仙台)が来週23日から始まります。参加する生徒たちも最後の追い込みに入ってます(入っていることを期待しておきます!) 発表会自体は参加経験ありでも、コンクールは独特の雰囲気と緊張感が漂うので、プレッシャーに負けない、いつも通りの演奏が出来るといいな、と思いつつ指導してます。同じ曲を弾く子もいるし