ブルグミュラーコンクール③

こんにちは!


ここ数日、寒いですね。朝とかは本当に秋を通り越して、冬に片足突っ込んだみたいな寒さです。

思わず灯油を買いに走ろうかと思ったけど、また温かくなるみたいなのでぐっと我慢。

小さいファンヒーターで暖を取ろうと、必死の取り合いが続きそうです。。



先日、ブルグミュラーコンクールが無事に終わりました!初参加だったので、その感想をちょこっと。。


参加した生徒さんはみんな初参加だったので、仙台地区の「コンクール初参加者(今まで一度も出たことがない生徒限定)」に応募しました。


初参加者限定だったので、どんなレベルだろう~と思っていたけれど、なかなか。うまい子もいれば頑張って~、という子もいて様々なレベルの子がいました。予選あるあるですよね。予選はふるい落としのラウンドなので、いろんなレベルの子がいるのが普通。そこから一定レベルの合格点を超えた子だけが次のラウンドへ。


他の日を聞いていないのでわからないけど、おそらく合格点はその日の参加者に左右されるので、こればっかりは運次第かなとも感じました。過去の予選通過率を見ても、50~60%なのでレベルが高い日だと合格点を取るのが難しくなるし、逆にレベルが低い日はと受かりやすいかな。


あとは同じ曲を弾く子がいない方がいい!どうしても比べられてしまうので、点数に差がつきやすいです。残念ながら、当日の選曲かぶりはまさに運次第ですが。。


同じ部門でも日によって合格点が違うので、本選を狙うなら参加者が少ないところを狙うのもいいかも。このあたりだと、泉地区よりも仙台地区のほうが参加人数も多いし、合格点も高かったのでより難しかったかもしれません。


とは言っても、ちゃんとある程度弾けていれば、予選は通過できるのでそのレベルまで演奏を持ってこれるかどうか、ですね。3部門位聞きましたが、きっちり弾けている子はしっかり予選を通過していたので、まずは


・ミスなく(多少はあってもOK)、

・適切なテンポで、

・音楽的に表情をつけて

・きっちり弾く


予選では、誰が聞いてもあまり欠点のない教科書的な演奏をすることがまずは求められるのかな~と思いました。ただし、本選ではより強い個性や音楽的な表現が、必要不可欠な要素なので同時に磨いていくのが一番理想です!



何はともあれ、参加した生徒さん達、お疲れさまでした!!予選で終わってしまった子も、本選に行ける子も、このコンクールを通してレベルUPしたので、拍手拍手👏👏


次は、冬の発表会が待ってます!生徒たちの1年の成果が楽しみです♪



Miki Piano Studio

ミキピアノ教室

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

作曲されているからこんにちわ!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。 今朝、車のフロントガラスが凍ってました。。。本格的な冬がやってきました。 最低気温が3℃じゃあ、凍るのも仕方ないですけどね、なんせ、寒い!! 来月に迫った発表会ですが、今年も2部制にしてそれぞれジャンルの違う曲を弾いてもらうことに。 (去年はチェンバロがあったので、”クラシック&バロック”でした。あ~、またバロ

こんにちは!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。 お久しぶりの更新になってしまいました。10月はやたらと子どもの学校関係のイベントや地域のイベントで 毎週末埋まってしまっている状況。やっと一息つける日々が戻ってきました。 それと同時に12月にある発表会に向けて、選曲作業。今年もそれぞれ2曲弾いてもらうので、各自に提案できる曲を数曲ずつ探して探して、、、さらに探して探して、、、と

こんにちは!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。 ブルグミュラーコンクール地区大会(仙台)が来週23日から始まります。参加する生徒たちも最後の追い込みに入ってます(入っていることを期待しておきます!) 発表会自体は参加経験ありでも、コンクールは独特の雰囲気と緊張感が漂うので、プレッシャーに負けない、いつも通りの演奏が出来るといいな、と思いつつ指導してます。同じ曲を弾く子もいるし