コンクールのいろいろ

こんにちは!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。


運動会シーズンが始まりましたね。今年もどこの学校も短縮バージョンだそうです。運動会のお弁当作りは、

この先もしばらく経験しなくて良さそうです。

去年、うちの子供の学校は雨の降る中(止んだ直後?)の運動会だったので、水たまりだらけな上に寒いし、

散々でしたが、今年は晴れそうでよかった🌞


今年は生徒も育ってきたので、そろそろコンクール参加かな?といろいろな日本のコンクールを調べてます。

私が子供のころは今ほどコンクールの数は多くなかったので、今はよりどりみどりです。


ピアノコンクールの王道と言うと、今も昔もピティナですかね。


ピティナのコンクールは、レベルが高く、なおかつ課題曲数が多いので大変です。

時代の違う4曲を用意しなければなりません。予選で弾くのはそのうち2曲だけれど、なかなかボリューミーです。コンクール初めての子や、万人向けのコンクールではないかな、と思います。


でもそんなピティナのコンクールをもっとライトに・参加しやすくした"ステップ"というのもあります。

課題曲+自由曲で参加でき、講評がもらえるんですね。大きな会場で弾く機会を得られる、と言うのは魅力的ですね。


他にも、ブルグミュラー1曲から参加できる"ブルグミュラーコンクール"や、自由曲で参加できる"全日本ジュニアクラシック音楽コンクール"、東北で行われる"東北青少年音楽コンクール"、バッハやポリフォニー音楽がメインの"バッハコンクール"などもあります。


初のコンクール参加であれば、ブルグミュラーコンクールやステップあたりが全国どこででも受けられるので、参加しやすそうです。私自身は、コンクールに参加しだすのはあまり早い年齢でなくて良いと思っています。ステージでの経験を増やすことは大切ですが、小さい年齢からコンクール用の演奏を練習するより、楽しい気持ちでたくさんの曲に触れてほしいと考えるからです。


もちろん1番大事なのは、演奏者(生徒)本人の気持ちです。本人がコンクールに前向きでこそ、得られるものもたくさんあるでしょうから。



Miki Piano Studio

ミキピアノ教室


閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

作曲されているからこんにちわ!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。 今朝、車のフロントガラスが凍ってました。。。本格的な冬がやってきました。 最低気温が3℃じゃあ、凍るのも仕方ないですけどね、なんせ、寒い!! 来月に迫った発表会ですが、今年も2部制にしてそれぞれジャンルの違う曲を弾いてもらうことに。 (去年はチェンバロがあったので、”クラシック&バロック”でした。あ~、またバロ

こんにちは!Miki Piano Studio ミキピアノ教室です。 お久しぶりの更新になってしまいました。10月はやたらと子どもの学校関係のイベントや地域のイベントで 毎週末埋まってしまっている状況。やっと一息つける日々が戻ってきました。 それと同時に12月にある発表会に向けて、選曲作業。今年もそれぞれ2曲弾いてもらうので、各自に提案できる曲を数曲ずつ探して探して、、、さらに探して探して、、、と

こんにちは! ここ数日、寒いですね。朝とかは本当に秋を通り越して、冬に片足突っ込んだみたいな寒さです。 思わず灯油を買いに走ろうかと思ったけど、また温かくなるみたいなのでぐっと我慢。 小さいファンヒーターで暖を取ろうと、必死の取り合いが続きそうです。。 先日、ブルグミュラーコンクールが無事に終わりました!初参加だったので、その感想をちょこっと。。 参加した生徒さんはみんな初参加だったので、仙台地区