top of page

聴音をやってみよう

こんにちは!今日はソルフェージュ・聴音のお話です。


教室では、ピアノのレッスン以外にもソルフェージュを取り入れてレッスンしています。例えば、、、


導入期: 音符カードでの音読み(譜読み)

    リズム打ち(手拍子やリズムを言いながら、リズム感を養う)

    音符カードでの神経衰弱

    ワークを使っての音楽の決まり事(理論)を知る


初級:リズム打ち

   譜読み+歌(音を読んで、音階名ドレミで歌う)

   音楽ワーク


中級:リズム打ち

   譜読み+歌(音を読んで、音階名ドレミで歌う)

   聴音←今日のお話はココ



ある程度ピアノを弾けるようになってくると、音符カードもスラスラ読めるようになります。

初期の頃に左手のヘ音記号が苦手~、とか、基準の音から順に数えていた姿はどこへやら?というように、

いつの間にか出来るようになっていることも多いです。


そこまで来たら、「聴音」を始めるいいタイミング!

教室では、ブルグミュラーに入ったぐらいから聴音を始めます。最初は、書かずに私が弾いたメロディーを

耳コピしてもらって、次に覚えたメロディーを歌うor弾いてもらいます。


ト音記号のド~ソ位までは、みんな簡単そうにスラスラ出来ちゃいます!ピアノは、音が決まっている楽器だから自然と音感が育つんですね。


耳コピの練習が出来たら、いざ楽譜へと書いていきます!

まずは、ト音記号の練習。これが意外と難しい(笑)記譜が難しいのは、ト音記号と四分休符です。

とは言え、これも慣れ。だんだんと綺麗なト音記号になっていきます。


意外なことに、みんなスラスラと書いていきます。もちろん、音の高さの間違いなんかはあるけれど、

耳コピできているので、難なくやってのけます。すごいですね~。嬉しい驚きです。


聴音は時間がかかるので、毎回レッスンに取り入れるのは難しいですが、月1回は取り入れたいところ。


いつも見るだけの楽譜を自分で書くことで、拍子や調号なども学べるし、音の高低や譜読み力もさらに上達します。そして、1番のメリットは


楽しいこと


聴音やるよ~って言うと、喜ぶ子多いです(^^♪ 楽しいんですね~


いつもとは目線を変えた取り組みが出来る聴音(ソルフェージュ)、楽しみながら学べるおススメレッスンです。皆さんもぜひやってみてくださいね~。



Miki Piano Studio ミキピアノ教室

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

次の発表会場探し

こんにちは! 今年のGWはお天気も良く、外で過ごすのが気持ち良い1週間でしたね。 我が家も久しぶりの九州へ行き、しっかり休んで遊んでリフレッシュしてきました! 仙台とは違う魚の美味しさ!仙台も海に面しているから海鮮は美味しいですけど、 九州もまた、美味しい魚どころでした。獲れる魚の種類も違うから、地の物って最高ですね。 そんな楽しい食べまくりのGWを過ごして、今週からはレッスン開始です。 そして目

大人の生徒さんのレッスン

こんにちは! 花粉症がひどすぎて、目が真っ赤な毎日です。。。 薬も飲んでるし、目薬も差してるのに、ボロボロすぎて化粧ではもはや隠せません(笑) 今日は大人の生徒さんのお話。 教室には大人の生徒さんもいます。子供に比べたら圧倒的に数は少ないけれど、アメリカ時代にも 大人の生徒さんがいました。 子ども時代にピアノを習っていて、大人になってから再開したパターンでしたが、 共通しているのは、弾きたい曲がす

4月からの新規生徒募集&空き枠のお知らせ

こんにちは!Miki Piano Studioです。 春めいてきたこの頃、ようやく寒い冬から解放されるのは嬉しいですが、 花粉症が・・・すでにひどいです。毎年、去年より多いって報道されてますよね、常に過去最高を更新だなんて、なんとも嬉しくないニュースですね。辛すぎる! ミキピアノ教室では、4月からの新年度の新規生徒さん募集中です!(若干名ですが) 春から学年や学校が変わるこの時期、ピアノを習ってみ

Comments


bottom of page